東京家政大学短期大学部の偏差値情報

東京家政大学短期大学部の偏差値情報

東京家政大学短期大学部には、2つの学部があり、栄養科と保育科になります。偏差値は入試方法によって異なります。

栄養科のセンター入試とA日程・B日程では、偏差値56となります。統一地区試験では、偏差値54となります。

また、保育科では、センター入試とA日程・B日程では、偏差値56となります。統一地区試験では、偏差値53となります。

入試方法は、推薦入試、AO型入試、センター試験利用入試、一般入試に分かれています。

栄養科では、栄養士、中学校家庭教諭二種免許、栄養教諭二種免許、フードスペシャリスト受験資格、管理栄養士国家試験受験資格(要実務経験3年以上)といった資格を取得することができます。

保育科では、幼稚園教諭二種免許、保育士といった資格を取得することができます。

山形県立米沢女子短期大学の偏差値情報

山形県立米沢女子短期大学の偏差値情報

山形県立米沢女子短期大学は山形県にある日本でも有数の公立短期大学です。

そして社会情報学科、国語国文学科、日本史学科、英語英文学科と4つの専門学科があり社会人としての力を兼ね備えた人材を育成することを目的としており、アットホームな環境で教養や知識や技術を提供しています。

また、公立なので入学金や授業料が安いので負担を軽減することが出来ます。この大学の一般入試はセンター試験と小論文ならびに校長から提出される調査書をもとに合否を判定します。

そして、学部ごとの偏差値は以下の通りとなっています。社会情報学科は偏差値55。国語国文学科は偏差値53。日本史学科は偏差値53。英語英文学科は偏差値53です。

女子栄養大学短期大学部の偏差値情報

女子栄養大学短期大学部の偏差値情報

女子栄養大学短期大学部は東京都豊島区に本部を置き、女子栄養大学に付設されている短期大学部です。

1933年(昭和8年)の家庭食養研究会を始まりに、1937年の女子栄養学園を経て1950年に女子栄養短期大学として開学されており、2000年に現大学名へと改称が行われています。

学部は食物栄養学科の1つが設けられており、偏差値は、センター試験・1期では54、一般2期が53、一般1期が53になっています。

女子栄養大学短期大学部の2018年の入試は、まず、一般が1期・2期・3期があり、それぞれ募集定員は、20名、10名、2名となります。

センター試験は1期(定員10名)、2期(定員3名)があり、他にAOアクティブの募集定員20名と公募推薦1期の定員15名と2期の5名が設けられています。