多摩美術大学の偏差値情報

多摩美術大学の偏差値情報

多摩美術大学の一般入試における偏差値は学部により35~56となっています。最も高いのはグラフィックデザイン学科で偏差値56です。

最も低いのは彫刻学科で偏差値は35です。しかし美大受験において重要なのは学力ではなく専門試験です。

一般入試の試験科目は国語、英語、そして実技になります。芸術学部のみ実技ではなく小論文を選択することも可能です。

点数配分は500点満点で国語と英語の学科試験が各100点ずつ、実技・小論文の専門試験が300点です。

このことからもいかに専門試験が重要になってくるかがお分かりになるはずです。なお、多摩美術大学では一般入試の他に専門試験を必要としないセンター試験利用入試や専門試験のみの推薦入試もあります。

学力や実技に自信がある方はこちらを受験されるのも良いかもしれません。

女子美術大学の偏差値情報

女子美術大学の偏差値情報

大手通信学習会社の女子美術大学の学部や学科の受験での合格確率60パーセントの偏差値は、43から48です。

女子美術大学の偏差値43の学部と学科は、美術学科の立体アート専攻のA日程試験、美術学科の芸術文化専攻のA日程試験です。

女子美術大学の偏差値45の学部や学科は、美術学科の洋画専攻のA日程試験、デザインと工芸学科の環境デザイン専攻のセンター試験と第2方式試験、デザインと工芸学科の環境美術専攻のA日程試験、デザインと工芸学科のプロダクトデザイン専攻のA日程試験などです。

女子美術大学の偏差値48も学部や学科は、美術学科の日本画専攻のセンター試験と第1方式試験、デザインと工芸学科のヴィジュアルデザイン専攻のセンター試験の第1方式試験です。

横浜美術大学の偏差値情報

横浜美術大学の偏差値情報

横浜美術大学には学部が「美術学部」のひとつしかなく、学科も「デザイン学科」のみです。

Benesseマナビジョンの情報によると、偏差値は受験方式によって多少変わるものの41~42となっています。

個別学力試験は国語と外国語がそれぞれ100点満点で課され、この受験方式による偏差値が42となっています。

それとは別に、個別学力試験は無しで鉛筆デッサンの実技だけで受験できる方式もあり、この場合は偏差値が41になります。

同じくらいの偏差値の大学としては星槎道都大学の美術学部があり、こちらは偏差値が42です。横浜美術大学の受験を考えている方は、星槎道都大学の美術学部の受験も視野に入れてみても良いかもしれません。