有名美大偏差値一覧情報

有名美大偏差値一覧情報

まず美大の入試は、実技と学科の総合点で合否が決まるのが一般的です。基礎的な造形力と高校卒業レベルの学科(国語・英語が基本)が、受験に必要な基本条件です。美大の中でもトップクラスなのは、国立大学の東京芸術大学になります。偏差値は64で、人気も高く倍率も高いので入るのはとても難しいです。次に偏差値が高いのはこちらも国立の京都市立芸術大学で59ほどあります。私立の中で一番偏差値が高いのは、多摩美術大学の54です。

人気大学の偏差値情報は偏差値テラスでどうぞ

有名音大偏差値一覧情報

有名音大偏差値一覧情報

現在、音楽活動をされている方や将来、音楽の道に進みたいと考えている高校生の皆さんは、音大に入学して自分の才能を生かしてはいかがですか。一般的な大学と同じように音大にも入試があり、音楽の才能のほかに偏差値も関係してきます。もし、入学をお考えの場合は、まず、音大の偏差値を調べてみると良いでしょう。調べ方としては毎年、刊行される、偏差値や学校情報などが記載された専門誌や、インターネット検索などを活用する事で簡単に知る事が可能です。

有名医大偏差値一覧情報

有名医大偏差値一覧情報

医大入試で最も偏差値が高いのは、東京大学の77.2です。この東京大学の国家試験合格率は88.9パーセントと非常に高く、入学者の男女比はおよそ8対2となっています。6年間の学費の総額はおよそ350万円であり、1年間の教養課程によって医学以外でも幅広く学ぶことができます。この東京大学の次に偏差値が高いのは、京都大学の75.3となっています。京都大学の男女比は8対2で東京大学と変わりませんが、国家試験合格率は92.4パーセントと多くの受験者が合格しています。

有名短大偏差値一覧情報

有名短大偏差値一覧情報

有名な短大の入試の偏差値としては、最も高いので東京家政大学短期大学部の55、次いで女子栄養大学短期大学部と東京歯科大学短期大学の同率53となっています。またその後には青山学院女子短期大学、白梅学園短期大学、日本歯科大学東京短期大学の偏差値52が続いています。これらは短大にあるそれぞれの学部や学科の平均値であるため、より細かく分ければ若干の高低が生じてきます。一例としては、東京家政大学短期大学部では栄養科と保育科があり、栄養科の偏差値は55、保育科では54となっています。

有名女子大偏差値一覧情報

有名女子大偏差値一覧情報

有名な女子大の偏差値を紹介していきます。国公立の女子大は5つあり、お茶の水と奈良女子が50前半から60後半と難易度が高いです。高知女子が50から50後半、群馬県立女子と福岡女子が40後半から50後半くらいです。私立だと、津田塾の学芸学部や同支社女子の文学部、東京女子医科の医学部は60以上です。東京女子の現代文化、文理学部や日本女子の家政学部、神戸女学院の人科学部なども50後半と有名女子大はどこも難関なので、入試の対策はしっかりしておきましょう。